• <rt id="qyku2"><bdo id="qyku2"></bdo></rt>
  • 次の100年に向けて
    For the next stage

    100年間培ってきた経営理念のもと
    これから成長し続けるために

    設立100年を迎え、これからの100年その先も経営理念である「心も體も輝く健康づくり」を通じて、存在価値を示し、社會に貢獻をして行きます。
    醫療?醫薬の領域で人々に安心?信頼?高品質な醫薬品を提供することで、心も體も輝く健康づくりに寄與することができます。
    100年経っても忘れず大切にしていかなければならない経営理念であると考えています。
    これから成長して存続していくための4つの重點戦略?販売、生産?品質管理?品質保証、研究開発、人材育成に注力する必要があります。

    自社で培ったノウハウと実績で
    高度化する生産方法をもっと俊敏に

    事業の柱は、受託製造、後発品を中心とした開発品、治験薬製造となっています。
    工場としては、様々な顧客のニーズに応えられることができる工場、治験薬受託から新薬の受託が可能な工場を目指しています。
    これまでよりも一つ上のGMP管理が必要です。
    今後はPMDA査察をパスしなければなりません。
    現在、他社の新薬の承認に向けた活動を行っています。
    このような実績を増やし、さらなる治験薬受託から新薬の受託の引き合いを増やしたいと考えています。
    この活動を通じて、將來の柱として成長させ、社會に貢獻していきたいと考えています。
    研究開発についても、いくつかのテーマを同時に進行させています。
    中には新薬となるものもあります。
    新薬となるものであっても東洋製薬化成が目指すビジネスモデルを用いれば、上市は可能であると考えています。
    また、既存の製品の改良も行っており、より利便性の高い醫薬品を提供できるように活動を続けています。

    醫薬品市場の
    グロバール化に向けて

    先駆け審査指定制度適用の醫薬品を今後海外に出して行くことになりますので、それに向けた対応が求められます。
    USAならcGMP、EUならEU-GMP、その他の諸外國ならPIC/SGMPに対応させることが必要です。
    現在それに向けた活動を始めています。
    諸外國に東洋製薬化成が製造した醫薬品を屆けることができれば、もっと多くの人の助けになり、世界に貢獻できる企業となれる。
    そうなれるように努力していきます。

    明日の未來を支えるために

    人材育成については、企業の基本は人であるとの考えに基づき活動を始めております。
    現在は次世代のリーダーを育てたいとの考えで、これまでの會議とは違った社內會議を組み立てたりしています。
    新入社員、若い人、それ以外の人たちにも、その人に応じた研修を社內?社外を含め検討をしています。
    以上これらの活動は単體のものではなく、結びついています。
    これらの活動が進んでいけば、今まで以上に社會貢獻ができる企業となり、存在価値のある企業になれると考えています。
    日本高清免费一本视频